独立を考えている美容師さんにおすすめの記事

【損益分岐点とは】必要な利益から考える美容室の売上目標の立て方

美容室を新規に開業したら、個人事業主でも法人(会社)でも利益をどのくらいあげる必要があるのかを考えていく必要があります。

利益を増やす方法は大きく分けて2つ、売上を伸ばす(増やす)ことと、経費を下げる(減らす)ことのどちらかを追求しなければなりません。今はハイブリッドでどちらの成果も追っていく必要がある時代だと思っています。
損益分岐点とは、売上と経費がイコールになるラインのことで、損益分岐点よりも売上が多ければ黒字に、少なければ赤字になります。
損益分岐点とは黒字と赤字の境目になるラインなので、常にこのラインを意識しておきたいですね。

そして、損益分岐点の計算はそんなに難しいものではなく、固定費と変動費を求めることができれば計算して値を求めることができるので、そのあたりのポイントについても下記で説明していきますね。

あと、これは覚えておいてください。
金融機関への返済は、利益の中から工面をするので、必要な利益は金融機関の返済額以上に、設定をしておきたいところです。
そして個人と法人で税金の利率も変わりますが、利益の中から税金が引かれてしまうので税引後の利益についても意識しておかなければいけません。
その辺りはどうしてもややこしくなってしまうので、またの機会に深掘りをしていきますね。

損益分岐点を計算する方法

はじめに損益分岐点の公式を書いておきますね。

損益分岐点 = 固定費 ÷ 限界利益率

というのが、1番省略した形の公式になります。

固定費

固定費とは、売上の増減にかかわらず一定して発生する固定的な経費のことを言います。
販売活動を行なっていても、行なっていなくても、一定してかかってくるコストです。

固定費に振り分けられる代表的なものとして、次のようなものがあげられます。

人件費、地代家賃、水道光熱費、減価償却費、保険料、支払利息など

※業種によっては、売上をあげるために水道光熱費を多く使う場合もあり、売上と比例して水道光熱費が変動する場合もありますが、一般的には固定費に含まれます。

変動費

変動費をとは、固定費と対になる費用としてみられることが多いですが、売上の増減に連動して変動する費用のことを言います。

変動費に振り分けられる代表的なものとして、次のようなものがあげられます。

原料費、材料費、仕入原価、外注費、販売手数料など

限界利益と限界利益率

限界利益とは売上高から変動費(その売上を作るためにかけた費用)を差し引いた額のことを言います。
そして、限界利益率とは売上に占める限界利益の割合のことを言います。

下記に計算式をまとめておきますね

限界利益 = 売上高 – 変動費

限界利益率 = 限界利益 ÷ 売上高

という公式にあります。

限界利益で意識するポイント

限界利益とは、固定費を引く前の利益になるので、この時点で固定費よりも限界利益が低い場合は、赤字になってしまいます。
限界利益をあげるためには売上高を伸ばすか、変動費を抑えるか、2つの視点が大事になってきます。

損益分岐点をわかりやすくイメージ

損益分岐点を美容室にたとえて、まとめてみるとこのような感じになります。
水道光熱費はこの例では、固定費として振っています。

Aさんのサロンスペック
坪数20坪のサロンで、家賃は20万円
人件費は、スタッフ3人で合わせて80万円
水道光熱費を平均すると、8万円
その他経費で、12万円
固定費合計は120万円

といったところです。

変動費は、平均すると10%になっています。

この場合の損益分岐点は変動費があるので、売上によって少し変わりますが、表にまとめるとこのような感じです。

売上120万円 売上160万円 売上200万円
家賃 20万円 20万円 20万円
人件費 80万円 80万円 80万円
水道光熱費 8万円 8万円 8万円
その他経費 12万円 12万円 12万円
変動費 12万円 16万円 20万円
損益分岐点 132万円 136万円 140万円

 

グラフにする方が視覚的には分かりやすいかもしれませんが、実際の売上の数値はこんな感じです。

目標を立てるには、こんな風にして、売上の目標だけでなく利益の目標を立てていくことも大切になってきます。

今回は損益分岐から目標を立てることについて書いてみましたが、また色々まとめていきますね。