独立を考えている美容師さんにおすすめの記事

お店のトップは何を意識したら良いのか?

右腕を育てる

これはあるサロンのオーナーさんが言っておられた事。

・自分がいなくても大丈夫なお店づくりをする
・サロンを離れた外部の仕事を増やす

これは店長になった時とオーナーになった時に意識してしていた事だそうです。

◼︎自分が店長になった時に意識した事
これは、店長をされた事がある方だったら感じた事とかあると思います。

自分が居るときのお店の雰囲気…。
自分がいないときのお店の雰囲気…。

店長がいないときのお店って、良くも悪くも雰囲気が違うんですよね…。

それはだらけてしまう雰囲気になる事もあるし、逆に店長いないから、みんなしっかりしようとして、お店の雰囲気が締まることもあると思うんですね。

店長になった時は、自分がいなくなったときの事を想定してお店作りをして行かなければいけない…。

そして、人を育てること…。
そして、人を信頼して任せること…。
任せっぱなしにはしないこと…。

そういったことを店長の時は意識していたそうです。
そして自分の分身を作る…という思いで二番手を育成して、自分がもう一つ上の仕事をできるように心がけたそうです。

◼︎そして、オーナーになってから意識した事
オーナーになっても、人が安定して揃うまでは店長のときの仕事となんら変わりません。

まずはお店を固めること…。
二番手を育てることが大事。

そして、それからは自分が離れることを考えて、実際にサロンを、抜ける日を作るということがとても大事だったそうです。

サロンワークを抜けた時に何をするか…。

具体的に外部で収益の上がる仕事を取るのか…それとも会社経営について、自分が学ぶための時間を作るのか…。

やらなければいけないこと…。
やれることはたくさんあります。

今、何が一番に必要なのかを考えて動くという事が、自分の意識と時間の使い方を変えているそうです。

まずは意識を変える。
何をしなければいけないかを考える。

いい話だなって思って、シェアさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください