独立を考えている美容師さんにおすすめの記事

in her shoes

キャメロンディアスが主演した映画のタイトルに「in her shoes」という言葉があります。

in her shoesというのは、もともと「in one’s shoes」という「相手の立場に身を置いてみる」という意味の慣用句からきているそう。

「彼女の立場に身を置いてみる」という意味になるのでしょうか?

ふと映画のタイトルを思い出したので…。

そして知り合いの経営者のブログより

=======
=======

人を動かすことのできる人は、

他人の気持ちになれる人である。

そのかわり、他人の気持ちになれる

人というのは、自分が悩む。

自分が悩んだことのない人は、

まず人を動かすことはできない。

拝む心がなければ、人は動かない。

=======
=======

人を育成、指導する立場としてとても大事な言葉だと感じています。

3月に新人が入ってくるまであと少し…。
今のうちにいい環境を作れるように頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください