チャンスをつかむ

スタッフさん向けに書いたものを忘備録的にブログに書いておく。

今回、超十代のイベントに参加させて頂いて、なんとかバックヤードを担当させて頂けるチャンスを手に入れて…。

うちのサロンからは2名参加させていただくことができました。

他にも関西で二枠頂いていたのですが、参加したい…というサロンさんがなく、関西からはうちのサロンだけの参加でした。

自社で希望を聞いたところ、参加したいと言ったのは3名。

あいにく、2名しか参加できなかったので、今回の経験は森さん、波田さんの2名になりました。

参加した2人は、とてもいい経験をさせて頂けたと思います。

今回のイベントはコンテストの予算の比ではなく、1億円を超える予算のかかったイベントでした。

本当になかなか無いチャンスでした。

それをチャンスと捉えられたのか?
チャンスと捉えられなかったのか?
チャンスではなく、負担と感じたのか?
チャレンジしたいと思えたのか?

捉え方はいろいろだと思います。

それでも、チャレンジしたからこそ気づけたことがあったのだろうなぁって思います。

出来ている自分に気づけたのか?
自分の課題が見えたのか?
美容の仕事の価値に気づけたのか?

やったからこそ見えるものがある。

これからも入社式やコンテストなど、いろいろなイベントがあります。

どんなマインドであたるのか?
結果は自ずと変わってきます。

今日も頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください