独立を考えている美容師さんにおすすめの記事

2018年問題

美容室のオーナーさんが言われていたこと…。

これから10年以内に、美容室の店舗数は3割減少する…。

そして、美容室が減少する大きな要因は、売上の減少と人材不足のどちらかであると…。

美容室の生き残りのカギは「人の雇用と人の教育」でしかないのです。

大切なのはこの3つ
①安定した新卒求人(高卒、美卒)
②定着率
③青天井

「安定した新卒求人」で必要なのは、学校とのパイプ作り…。
どれだけ学校の教員と懇意になれるか?
スタッフ全体で求人に取り組めるのか?
1年生を新人採用にどれだけ巻き込めるか?
求職者が知りたいのはリアルな先輩の声…。

「定着率」で大切なのは、早期退職を食い止めること…。
早期退職の理由は、相談できる先輩との関係性がうまく構築できなかった。家族の理解不足など、早期退職の理由は様々…。
明確なキャリアプランと成長実感も定着率には関わってくるそうです。

「青天井」
これは、キャリアなどで良くたとえられますが、キャリアの可能性に際限がないこと。
キャリアに蓋をしないことが大切だそうです。
枠を超えた、企画や人事など、枠にとらわれないで物事を考えられる環境が、社員の定着率などにもつながってくるそうです。

ただ、何においても大切なのは教育でしかなく、社会人として、組織人としての人間的な教育に時間を割いていくことが大切だそうです。

2018年は、新卒者の人口が少なく採用が難しい年と言われています。

今のうちから人財確保に向けて取り組んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください