独立を考えている美容師さんにおすすめの記事

来年の課題

『美容師さんが値上げしなければいけない理由』

今年の10月から最低賃金が上がり、830円を超えました。
パートのアシスタントさんやレセプションさんは最低賃金に合わせて給与の見直しが余儀なくされました。

時代の流れなので仕方がないのですが、これから1000円程度まで上がると言われています。

そうなってくると、アシスタントとスタイリストの評価の差がだんだんと無くなってしまいます。

だからこそ、アシスタントが生産性を持てること、少しでも早くスタイリストになれることも経営の改善に大切なことです…。

=========
=========

原価のかからない美容室の経営で言えば、経営に一番に影響を受けるのは人件費…なのです。

サービス業、技術者といった業種は原価こそかかりませんが、売上に対して人件費が占める割合がとても高いのです。

だいたい人件費は45%〜55%を占めるといわれています。
高いところでへ60%を超えることも珍しくありません。

美容師さんが値上げを考えていかなければいけない理由は、昔に比べて人件費が高くなってきたから…。

①最低賃金の上昇
②社会保障の充実を促進
最低賃金の上昇に関して言えば、おおよそ10年前の2005年と比べて、全国の最低賃金が116.7%も上昇しているのです。
◼︎最低賃金の全国平均
2005年 668円
2010年 730円
2014年 780円

という風に推移しています。

=========
=========

今年は値上げをして、少し経営の改善につながり始めています。

お客様に新しい価値を提供すること、周りのサロンと競合しないサービスを追求すること…。
また、スタッフの離職を減らし、離職による失客を減らすことも大切なことではないかと考えています。

来年も10月には最低賃金が上昇するかもしれません。

来年は値上げ以外にも会社として一人当たりの売上を高められる仕組みも考えていかなければなりません。

そのための全店価格統一、全店同じメニュー、ケアメニューの強化などの取り組みの第一歩を今年踏み出せたと感じています。

来年はケアメニューを通じて、ケアリストの生産性を高める。
スタイリストになった時に良い顧客を指名につけられる仕組みもこれから大切になってくるかもしれません。

年末もあと少し、今日も頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください