生涯顧客価値を考えなくちゃ

お客様の生涯顧客価値を高めたいからこそスタッフの定着率は高めていきたいと考えています。

本当に、なかなかスタッフの定着が難しくて…。

単純に定着率が悪い経営スタイルなのか、採用の時点で採用活動の質問に問題があるのか?

課題はたくさんあると感じています。

どんな人財にも可能性をかける…というような理念を掲げている会社で、父が代表をしている時代から、学歴や年齢、経歴を問わずに採用を続けてきた会社。

今残っているスタッフにしても、決して器用な社員ばかりでもなく、辞めたい…という時期を繰り返しながらも、共に働く仲間との絆で乗り越えてきたスタッフが多いような気がします。

どんな企業でさえも、いつも考えることは、生涯顧客価値を高める事だと感じています。

どうやって継続(リピート)してもらえるように商品力を高めていくか?

どうやって利用頻度・使用料を増やしていくのか?

ライフスタイルの変化に対応してニーズの先回りをしていくのか?

大企業にしても、中小企業にしても、新規客の獲得以上に気を使うのは、リピーターのことだと思うのです。

美容業界って、割と周りを見渡してみると、新規客に対しての対策を考えるボリュームがすごく多いような気がしているのですが、本当に大切なのは、リピーター対策だと思っているのです。

その中で一番大切なのは「商品 = 人」と考えるサロンであればあるほど、本当に大切なのは人だと思うのです。

人が辞めれば…。

ましてや独立なんかすれば、お客様は少なからず失客すると思うのです。

サロンとして、お客様を守ることが困難になると思うのです。

だからこそ、人が辞めないように。

人が組織の中で、やりがいを感じられるように、企業である以上、取り組んでいく事が大事だと思っています。

だけど、本当難しいなぁって本当に思っています。

生涯美容師を貫いて貰おうと思った時に、生涯美容師という壁の高さ・厚さを感じるのです。

美容師として売れる…ということは…、頭で考える、理論で言えば簡単なことなのかもしれませんが、実践していくことはとても難しいもの…。

売上を上げられるスタイリストの育成って本当に難しいのだと思います。

単純に教育が厳しい…。

合格に求める技術の品質が高くても、お客様が評価するのは決して技術だけではないからこそ…、売れるという資質を育てるのって難しいですよね。

ただ、このことに覚悟を持って取り組んでいかなければいけないと思って、会社の評価制度や教育のあり方…、スタッフに求めることの明確化をしていかなければいけないと感じています。

まだまだこれから…。

できていない事をまず知って、できる事を確実にこなし、できる事の幅を広げていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください