独立を考えている美容師さんにおすすめの記事

リクルートホールディングスのIR情報を見たんだけど、理美容業界の広告宣伝費はどんどん上がり続けているよねって話。

ふと、美容業界の市場規模と美容業界が直面している広告宣伝費の高騰について考えてみたら、まぁまぁ業界は大変だぁって思ったのでまた少しまとめてみました。

そういえば過去に少し雑な考察をまとめたブログを書いたんだけど…

やっぱり、美容業界の広告宣伝費はなんとかしないとって思いますよね。

まずはじめに、美容業界の市場規模は2兆1,384億円(2018年度予測)

株式会社矢野経済研究所の発表によると理美容業界の市場は、前年比0.5%downの2018年度(予測)2兆1,384億円
内訳( 理容6,335億円 / 美容1兆5,049億円)との、予測推計が発表されていました。

リクルートホールディングス IR(投資家情報)の2019年3月期 通期決算 概要より

リクルートホールディングス全体の2019年3月連結決算売上は、2018年3月期通気実績の2兆1,733億円より6.3%upの2兆3,107億円!

なんか数字が大きすぎてわからないので、ちょっと僕には触れられませんが、ちょうど理美容業界の市場規模と同じくらいの売上高なので、相当すごい数字であることには変わりません。

販促関連(住宅・結婚・旅行・飲食・美容・その他)の中で美容は住宅についで2番目の売上高!

リクルートが運営する、スーモ・ゼクシィ・じゃらん・ホットペッパーグルメ・ホットペッパービューティー、のそれぞれの媒体の中で美容は2番目の売上を占めるくらいの重要なコンテンツみたい…。
これは美容業界をなかなか見逃してはくれそうにありませんね。

ホットペッパービューティーは2019年3月期 通期売上で、前年度12.9%upの720億円!という驚異的な数字

いつも、ホットペッパービューティーは値上げの一途を辿っているのでなんとも言えませんが、掲載料を値上げしてもちゃんと売上アップにつながるくらい、美容室をちゃんと囲い込んでいるんですね。
ほんとすごいと思います。

ホットペッパービューティーの掲載店舗数は89,826軒!

これはヘアサロンとリラク・ビューティーなどのサロン軒数を合わせたものですが、これだけの掲載数はすごいですね!
ヘアサロン 41,996軒
リラクなど 47,830軒
余談ですが、登録スタイリストは、180,263人なのだそう。
結構なシェア率ですよね(笑)
ある意味、独占禁止法な気がしてしまう…。

ネット予約件数は年々増加していて2019年度3月期累計予約数は、前年23%upの9699万件

※ちなみに数字はキャンセル前の予約数の実績だそうです。
それでもすごいネット予約の件数ですよね。
別データですが、2019年7月更新の総予約件数は下記の通りだそうで、ホットペッパービューティーの予約割合は9割以上がネット予約みたいですね。
ヘアサロン 6,246万件
リラクなど 3,930万件

ちなみにまた計算しちゃうんだけど、1軒あたり年間掲載金額は801,550円!

計算方法は単純にホットペッパービューティーの年間売上を掲載サロン数で割っただけなので、また雑な推測ですが、年間80万円ごえは流石にすごいの一言ですよね!

そしてサロン1軒あたりの年間予約数は1,487件!

これは、ヘアサロンのデータだけで出したのでほぼほぼ正確だと思います。
ただ、公表されているデータがキャンセル前予約数なのでなんとも言えませんが月間100名以上の集客がかかるツールなんて相当すごいですよね。

というIR情報などからひも解いてみて感じることまとめ

めちゃくちゃに費用対効果がよくて最強のツールだよねって思う

上記データから計算すると、年間支払い額(801,550円) ÷ 年間予約数(1,487件)になるので、予約1件あたり539円という費用になりますね。
客単価が6,000円だとすると、広告宣伝費の比率は8.9%になるので、決して費用対効果良いと言い切れないのですが、圧倒的な集客力からすると、全然かけても良い投資だと捉えることができますね。

美容師さん結構いるもんなの?

掲載店舗数と登録スタイリスト数を計算してみると1店舗あたり4.29人のスタイリストがいる計算になります。
単純に考えると、日本全体の店舗数と美容師人数とは合わない形に感じてしまいますが…。
1人経営の美容室にはホットペーパーは合わなくて、掲載が少ないのかもしれませんね。

ホットペッパーのシェア率はどのくらいなもんなのか?

ホットペッパービューティーの年間予約軒数から考えると、おおよそのホットペッパービューティーが創る市場規模が見えてきますよね。
年間予約数(ヘアサロン) 6,245万件 × 客単価(想定) 6,000円 と考えると、3747億円という市場をホットペッパーが作っている計算になります。

ざっくりシェア率は、理容も含めてだけど 17%は下回るくらいじゃないかと思います。

理美容市場 2兆1,733億円から、ホットペッパービューティーが創出する3747億円(かなり雑な推計)で考えてみるとホットペッパービューティーが占めている割合はあくまでそんなに高くない…って思ってます。

ホットペッパービューティーを活用するかしないかはあくまであなた次第!

弊社は、ほんとありがたいことに、働いてくれているスタッフがそれぞれにお客様を指名で集客してくれているので、ホットペッパーなどの集客サイトを活用しなくてもなんとか運営できているような感想です。
でも、ほんと、まだまだギリギリなのでなんとも言えませんが(笑)

業界的にはホットペッパービューティーに掲載しないとなかなか経営が立ち行かないよって声もたまには聞くのですが、上記の考察のとおり、ホットペッパーに支配されない領域の市場もまだまだあると思うんですね。
まだまだ、というか、ほとんどがその市場です。

いろいろと費用対効果も探りながら、健全経営を目指していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください