ブログリニューアルのため。ヘッダーお知らせ欄準備中!

シャンプー泡パックが髪に良いのは本当?やり方やメリット・デメリットを解説

ヘアケアの中でもあまり知られていないのが、シャンプーを泡立ててしばらく放置してパックする「泡パック」というホームヘアケア。

トリートメントは時間を置いた方が良いのは分かるけど、シャンプーも時間を置いた方が良いの?と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、シャンプーの種類によって、時間を置いて「効果的な場合」と時間を置くと「逆効果な場合」もあります。

この記事では、シャンプーの泡パックによる効果や泡パックにおすすめのシャンプーについてまとめます。

是非参考にしていただけると嬉しいです。

シャンプー泡パックのやり方

シャンプー泡パックは、シャンプーをしっかり泡立てて、たっぷりと頭皮と髪にもみ込み、こすらずに泡の力で汚れを浮かせて落とします。
また、シャンプーに含まれている有効成分が髪や頭皮に浸透するので、シャンプーの効果も高くなります。

泡立てて時間を置くだけなので、手軽にできるのも魅力です。

泡パックの手順はこちら

手順1
ぬるま湯で1分すすぐ
頭皮や髪の余分な汚れや油分が残っていると泡立ちが悪く、泡パックの効果が半減してしまいます。
しかし、お湯の温度が高すぎると油分を取りすぎてしまうので、38℃前後のぬるま湯で優しくすすぎましょう。
目安ですが、頭皮を中心に1分ほどすすいでくださいね。
手順2
シャンプーを泡立てる
泡パックに使うシャンプーを洗顔ネットなどで泡立てます。
シャンプーの量は、いつも使う量で足りるので、しっかりと泡立ててホイップ泡を作りましょう。
手順3
頭皮と髪を優しく洗う
泡立てネットで作ったホイップ泡で髪と頭皮を洗っていきます。
指の腹で円を描くように優しく撫でるように洗います。
手順4
いよいよ泡パック
優しく洗った後はシャワーで流さず、そのまま泡パック。
メーカーによって推奨のパック時間は異なりますが、短くても1分、長くても5分程度が目安です。
手順5
しっかり流す
泡パックが済んだら、泡が残らないようにしっかりと洗い流します。
流し終わったらトリートメントでケアしてくださいね。

シャンプー泡パックの手順を細かくまとめると
こんな感じですが、いつものシャンプーをこすらず、包み込むように優しく洗うイメージでする。

ここからは、シャンプー泡パックのメリットや注意点についてまとめて終わりますね。

【メリット】シャンプー泡パックの効果とは?

シャンプー泡パックの手順でも説明しましたが、いつものシャンプーのように強い力でゴシゴシ洗わないので、摩擦による頭皮への刺激や爪が当たって傷つけてしまうリスクなどがかなり軽減されます。
実は摩擦が原因でダメージにつながることも多いんです。
髪の毛も濡れている状態は不安定な状態のため、摩擦でキューティクルを傷めたりなど、ダメージの直接原因になっていることも。

得られるメリットはもう一つ。

シャンプーに含まれる有効成分を髪の毛や頭皮に浸透させることができる点です。

シャンプーに含まれる保湿成分やアミノ酸などのタンパク質成分が、泡パックをする事によってより髪の毛に浸透します。

また、pH調整は短時間のシャンプーよりも時間をおいた方が効果的なので、美容室でカラーをした後やパーマをした後は、泡パックで正常な弱酸性に戻してあげましょう。

ただ、石鹸系のシャンプーはアルカリ性のものが多く、全てのシャンプーが弱酸性というわけではありませんので、気をつけましょう。

シャンプー泡パックのメリットまとめ

  • 頭皮への摩擦ダメージが無く、頭皮トラブルを軽減
  • 髪の毛の摩擦によるダメージを軽減
  • 髪や頭皮に有効成分をより届けられる

【注意点】シャンプー泡パックはここに気をつけて!

メリットは分かりましたが、先にも買いた通り、間違ったシャンプー泡パックをしてしまうと逆効果になりかねません。

ここからは、泡パックをするときに気をつけた方が良いことや、デメリットについてまとめます。

シャンプー泡パックのデメリットまとめ

  • 洗浄力が強すぎて頭皮が乾燥する
  • 洗浄力が強すぎてカラーの色持ちが悪くなる
  • 髪の内部のタンパク質が流出するかも

シャンプーには、さまざまな洗浄成分(界面活性剤)が使われているのですが、洗浄成分の種類によって、洗浄力の強さやコンディショニング力の違いがあります。

中でも気をつけたいのは、洗浄力が強く、頭皮の油分を取りすぎてしまう場合です。

高級アルコール系(石油系)のシャンプーに多いのですが、洗浄力が強く、長時間泡パックで放置することで、頭皮の油分を取りすぎてしまう可能性があります。

頭皮の油分を取りすぎてしまうのは、頭皮のバリア機能を低下させてしまうリスクもあるので注意が必要です。

また、洗浄力が強いシャンプーは、ヘアカラーの染料も吸着して色落ちさせてしまう可能性もあるので、気をつけてください。

また、髪の毛に含まれているタンパク質は水に溶けやすく、シャンプーの洗浄力も相まって、タンパク質の流出を促してしまう可能性もあるので気をつけてください。

アミノ酸シャンプーなど、有効成分が多く含まれていて、栄養素が溶け出す隙間のない、濃度の高いシャンプーを使っていれば、栄養成分の流出のリスクは軽減できます。

シャンプーの洗浄成分を詳しくチェックする

おすすめの泡パックシャンプー

いかがでしたでしょうか?
ここまで、泡パックについてまとめてきました。
参考にしてもらえると嬉しいです。

また、最後に泡パックができるおすすめのシャンプーを紹介して終わります。

群を抜いておすすめのシャンプーがあるので、そのシャンプー一種類だけを紹介して終わります。

ニューウェイジャパン「ナノアミノシャンプー」

created by Rinker
ニューウェイジャパン
¥3,210 (2021/12/03 10:25:18時点 Amazon調べ-詳細)
ナノアミノ シャンプーRMは、美容室専売品のプロ用シャンプーで、髪に潤い感や柔軟性を与えるコラーゲンでしっかりやわらかい仕上がりになります。
また、泡パックも1分間という短時間で、効果を感じてもらえるので、続けやすく毎日のケアをブラッシュアップさせてくれます。

美容室専売品ですが、ECサイトで手軽に購入できるのも魅力的です。