ブログリニューアルのため。ヘッダーお知らせ欄準備中!

髪と頭皮の糖化を和らげ育毛効果を高めるプテロシャンプーの成分や使い心地とは?

髪と頭皮の糖化を和らげ育毛効果を高めるプテロシャンプーの成分や効果を解説

みなさんこんにちは。

今日紹介するのは、40代からのエイジングケアにおすすめの育毛ケアに特化した「プテロ」シャンプーを紹介します。

「育毛・発毛」関連のシャンプーってこんなイメージありませんか?

  • シャンプーの脱脂力が強すぎて、頭皮がつっぱりそう
  • 洗浄力が強く、ダメージヘアには向かなそう
  • 値段が高くて継続できなさそう

実際のところ「育毛・発毛」系のシャンプーは、男性向け商品がとても多く、洗浄力が強く、髪の毛がパサつきそうな成分配合のものが多いです。

しかし、今日紹介する「プテロシリーズ」は、薄毛に悩む男性はもちろんのこと、ヘアケアも重視したい女性にもおすすめしたいシャンプーです。

最近、髪の毛のハリコシがなくなってきた。トップのボリュームが出なくて困っている。というような悩みを抱えている人に是非おすすめなので、少しでも当てはまる方は、参考にしてみてくださいね。

はじめに脱毛の原因やメカニズムとは?

薄毛の悩みを抱える割合は、年齢を追うごとに多くなってくると思いますが、あるデータでは20代でも7割のひとが薄毛に悩んでいると言われています。

男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる、前頭部がM型になったり頭頂部が丸く薄くなる症状はよく知られていると思います。

『脱毛=男性の悩み』というイメージがとても強いと思いますが、実際のところは女性も男性と同じくらい薄毛に悩んでいます。

男性型脱毛症以外の脱毛の理由は、ほとんどがヘアサイクルの乱れが原因になっていることが多いです。

「ヘアサイクル」とは。

実は、髪の毛には「休止期・成長期・退行期」という3つのサイクルがあり、そのサイクルが正常に機能しなくなると、抜け毛が増えたり、毛が細くなったり、白髪が増えたり、などトラブルが発生しやすくなります。

休止期とは、髪の毛が生えずにお休みしている期間。
成長期とは、髪の毛が伸びて成長していく期間。
退行期とは、髪が退行して抜けていく期間。

ヘアサイクルが健常なうちは、成長期の期間が長く、抜け毛の量も少ないため、髪のボリュームを保つことができます。

男性型脱毛症(AGA)などの脱毛症が発生すると、成長期が非常に短くなり、生えて成長する毛の量よりも、抜けていく毛の量が多くなるため薄毛の症状が進行して行きます。

そのため、髪の毛は育毛剤を使えばすぐに生えてきて増えるものではなく、正常なヘアサイクルを長く維持することで、やっと増えていくものなのです。

主な脱毛症の症状

男性ホルモンが大きく関係している脱毛症。
女性ホルモンがのバランスが乱れたときにおこる症状。
ストレスなどによる自律神経の乱れからからおこる事が多い症状。
皮脂分泌の過剰な人に起こりやすい脱毛症。
ターンオーバーの乱れが原因で起こる脱毛症で、フケが多い人に起こりやすい症状。
極度の代謝不良が引き金となって起こる症状で、長期の休養や手当てが必要とされています。

脱毛症の分類(原因)は、だいたいこの6つに分けることができます。

びまん性脱毛症以外の脱毛症は、「育毛・発毛」系のヘアケアで症状が改善できると言われています。

女性の薄毛の悩みに応える「プテロ」とは?

今まで偏りがちだった「頭皮ケア」と「毛髪ケア」プテロならどちらもケアできる新しいヘアケアスカルプライン。
最新研究による生薬を配合し、あなたの頭皮と毛髪をしっかりとケア。
頭皮の糖化、老化を抑制しダメージのない光り輝く髪へ。
さらにカラーやパーマも長持ちさせることに成功。

引用:https://putelo.jp

プテロは使った人の80%以上が、抜け毛が減ったと実感しているヘアケアアイテムになります。

商品のラインナップは、シャンプー、トリートメント、エッセンス(育毛剤)、ヘアグロー(EMS+イオン導入できるエステ機器)、の4アイテムになります。

ヘアケア以外にも、まつ毛美容液やフェイシャル関連のアイテムも販売されています。

プテロの育毛理論

プテロは、脱毛原因でもある「頭皮の糖化」に着目。

頭皮が糖化すると、頭皮が硬くなり、毛が抜けやすくなると言われています。

そのため「頭皮の糖化を改善」することが、抜け毛の予防につながります。

プテロARシャンプーには「プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス」という、頭皮の糖化を防ぐ成分が含まれており、同時に、保水成分や抗菌成分など、多くの有効成分が含まれているため、糖化を防ぎながら、頭皮環境の改善に効果を発揮します。

頭皮の糖化と抜け毛のメカニズムを詳しく解説

発毛成分である「アデノシン三リン酸」も配合し、脱毛因子を抑えるだけでなく、発毛へのアプローチも欠かしません。

また、シャンプーでは補いきれない、髪と頭皮を保湿するダメージケア成分をトリートメントに配合し、発毛効果を高める成分をエッセンスに高配合しているラインナップになっています。

シャンプーとトリートメントで脱毛(抜け毛)を抑制し、エッセンスで発毛促進をするという2つのプロセスで薄毛の悩みにアプローチします。

そのため「プテロ」の効果を実感するためには、シャンプー&トリートメントが優先、その次にエッセンス、という優先順位で使っていただければと思います。

プテロARシャンプーの洗浄成分


楽天で購入する

プテロARシャンプーには、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタインが使用されていて、洗浄力と保湿のバランスがとても優秀で、脂性肌と乾燥肌のどちらにも対応できる洗浄成分となっています。

プテロARシャンプーとトリートメントは、ハリコシタイプ、しっとりタイプの2種類があります。
頭皮のボリュームを優先したい方には、ふんわり仕上がる「プテロ AR シャンプー」がおすすめ。

カラーやパーマのダメージをケアしたい方には、しっとり潤う「プテロ AR シャンプー グランディール」がおすすめ。

プテロARエッセンスの配合成分

楽天で購入する

プテロの育毛剤には、スタンダードラインの「プテロARエッセンス Plus+」と「プテロARエッセンス Uprise」の2種類が有ります。

どちらのエッセンスにも、毛髪の成長に関わる
17型コラーゲンの合成を促進する『桜美精(サトザクラ花エキス、酒粕エキス)』が配合されていて、脱毛はもちろんのこと、白髪の発生を抑える役割も担っています。

「プテロARエッセンス Uprise」には、抜け毛の進行を止める「キャピキシル」が配合されていて、Ⅰ型はもちろんのこと、より脱毛に影響を与えるⅡ型5αリラクターゼも強力に抑制し、ジヒドロテストステロンを作らせません。

また、ヘアサイクルの正常化を促す「リデンシル」が配合されていて、頭皮の幹細胞と毛乳頭に働きかけ、細い毛髪ではなく健康な毛を育みます。

プテロARシャンプーやエッセンスの使い方

ここまで、脱毛原因やプテロ製品についてまとめてきましたが、プテロの使い方について説明します。

手順1
予洗い
約38度のぬるま湯で1分程度を目安にしっかり髪を濡らした後、シャンプーを手にとり、手のひらでよく泡立てます。
手順2
シャンプー
しっかりと泡立てたシャンプーを頭皮中心に揉み込み、優しくマッサージします。
まず耳の上の側頭筋をほぐしてから、頭頂部の凝りやすいところに向けて円を描くようにマッサージして行きます。
指の腹で優しく頭皮を動かすのがコツです。
手順3
シャンプーパック
糖化の抑制のために、シャンプーの泡をつけたまま、5分ほど泡パックをすると効果的です。
手順4
すすぎ
シャンプーはしっかりすすぎましょう。すすぎが不十分だと、頭皮ダメージや抜け毛の原因になります。
手順5
ヘアパック
トリートメントを手のひらに取り、頭皮へ塗り込みます。
全体へなじませたら頭皮を指の腹で優しくマッサージ。
マッサージのあとは、シャンプーとおなじように、5分ほどパックをすると効果的です。
手順6
お流し
トリートメントのぬめりが取れるまで、しっかり流しましょう。
手順7
EMSで頭皮をほぐす
タオルドライでが滴らない程度に地肌の水分を取り除き、エッセンスをつける前にヘアグローのEMS機能で頭皮の筋肉をほぐします。
手順8
エッセンス塗布
ヘアグローのEMSで頭皮をほぐした後、エッセンス(育毛剤)を頭皮全体になじませます。
手順9
イオン導入
エッセンスを塗布した後は、ヘアグローのイオン導入と赤色LEDで、エッセンスを浸透させていきます。
ヘアグローのイオン導入は、浸透効果が30倍もあるそうなので、是非使用したいですね。

ステップを細かく書いてしまうと、とてもめんどくさく感じてしまいますが、シャンプーをして5分パック、トリートメントをして5分パック、エッセンスをつけてマッサージ、をするだけでもかなり効果的です。
余裕が有れば、ヘアグローは絶対に使った方が良いので、気になる方はぜひ使ってみてください。

楽天で購入する

最後にプテロARシャンプーの口コミ

最後にSNSで見かけた、プテロ製品の口コミをまとめて終わりますね。

プテロ製品は、美容室専売品のため、行きつけの美容師さんに聞いてみてくださいね。